保証人がいらない理由

キャッシングやカードローンは、保証人がいなくても利用できます。
お金を借りるのに保証人不要なんて怪しいのではないか?と思うかもしれませんが、実はちゃんとカラクリがあるのです。

 

信用貸し
消費者金融では、申込者を信用してお金を貸す「信用貸し」を行っています。
どの程度信用できるかを見極めるために審査を行っており、審査担当者が申込者の収入や勤務先、年齢、借入れ状況などの個人情報を一つ一つ調べながら支払能力を判断します。
総合的に審査した結果、貸金業者が定める条件を満たす場合のみお金を貸すのです。
契約時に提示する借入れ可能額は申込者が確実に返済できるであろうと判断された金額であり、信用されている証でもあります。

 

金利が高めに設定されている
いくら信用貸しをしているとは言え、貸したお金が万が一返ってこないとなると貸金業者としては大きな損害を被ることにもなりかねません。
そこで貸金業者はあらかじめ金利を高く設定して回収できなくなったときに備えているのです。また、貸金業者によっては保証会社に入ることで多額の資金を回収できなくても保証会社が弁済してくれるようにしています。
保証会社の保険料を金利の中に含めて利用者に貸し付けるので痛手もなく安心して貸付けできるのです。

 

貸金業者は保証人や担保がなくても、利用者が確実に返済できるであろう金額しかお金を貸しませんし、保証会社にも入るので低リスクで貸付できるというわけです。
ただし、借入額が500万円・800万円など多額になる場合は保証人が必要になることもあります。

専業主婦向けのカードローンの特徴

専業主婦なんだけどどうしてもお金が必要な場合はあるものです。でもOLならば楽にキャッシングができるのですが、専業主婦は無理なのでは?という方も多いと思います。

女性財布

しかし、専業主婦向けの銀行系のカードローンなら借りることが可能です。1万円からでも借りられますし、金利の額も低く返済も負担になりません。
また今すぐお金が欲しい方のために、申し込んだその日にお金を手にすることができる即日融資が可能のカードローン会社もありとても便利です。

 

必要書類も運転免許証や健康保険証などで借入れができます。
借りたことはご主人に連絡されることはありませんので、気を遣う必要もないので気が楽です。またメガバンク系なら信頼もあり、安心です。
専業主婦の立場を考えたカードローンなら借り入れをできることを知っておくといざというときに役に立ちます。